FC2ブログ

プロフィール

仲宗根宗聡

Author:仲宗根宗聡
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
与党税制改正大綱が発表されました。
与党税制改正大綱

減税色を前面にだした内容になっています。
減税はいいことですが、本当にいいのでしょうか?抜本的な税構造を考えるべきではと思います。
スポンサーサイト

夢をかなえるゾウ

「夢をかなえるゾウ」を録画して見ました。

原作の本は、随分前に読みました。
本を読んだときのガネーシャのイメージと今回の古田新太さんガネーシャが見事にハマッテました。
早速、ガネーシャの教えを思い出して、今も実践できていることを確認してみると...
2000%のうち、800%ぐらいは意識的にできているようですが、まだまだです。

いろいろと「教え」などがありますが、最近、ガネーシャの教え以外で、気に掛けていることがあります。

先日、株式会社ヒューゴの加藤学さんのセミナーに参加しました。
その中で 「賢者は愚者から学び、愚者は賢者から学ばず」 というフレーズを紹介されていました。
愚者になってしまうと、いろいろな人のアイデア、アドバイスが耳に入らず、先入観からいい情報でも遮断してしまいます。
賢者を心がけて、人の話などに耳を傾けるようにしています。
米下院は本会議を開き、米政府が金融機関からの不良資産を買い取ることを柱とした緊急経済安定化法案を賛成205、反対228で否決しました。
法案の柱は、最大7000億ドル、日本円で約74兆円の公的資金を投入し金融機関から不良資産を買い取るものです。

74兆円!?想像がつかない金額なので、ちょっと調べてみました。

§1万円札で重ねると高さは...
1億円で1m、1兆円で10,000m、74兆円で740kmです。                      ちなみに大気層でいうと熱圏までいき、スペースシャトルや人工衛星が飛んでいます。

§1万円札で重さを量ったら... 
1億円で10kg、1兆円で100t、74兆円で7400tです。
ちなみにおとなのゾウは約5tなので、1480頭の群れになります。

§日本の歳出予算は...
平成20年の一般会計歳出予算は83兆円です。
ちなみに歳入予算のうち税収等は57.7兆円で、公債金収入は25.3兆円です。きびしいですね...

10月1日にパナソニックへ社名変更する松下電器産業の本社屋上の「松下電器」の4文字の看板が取り外されました。正門前の石版も書き換えられ、看板や製品のマーク変更といった社名変更関連の費用は、全体で400億円になるそうです。

さすが松下(パナソニック)ですね。

この社名変更ですが、大企業でなくてもいろいろと手間がかかり、コストもかかります。
社名変更の際に、やるべきことの一例です。

1) 定款変更(登記事項の変更なので、法務局への手続きが必要です。)
2) 社印の作成
3) 税務署、社会保険事務所等への社名変更の届出
4) 銀行口座(名)の変更
5) 公共料金等の支払先への連絡
6) 看板、名刺、封筒、請求書、ホームページなどの社名変更

一番大事なのが
7) お客様、得意先や関係者への「社名変更」のご挨拶(状)

挨拶状だけではなく、できる限り、直接訪問をして、社名変更の挨拶といろいろと事務上ご迷惑かけることもあるのでお詫びも必要です。

手続きとしては、会社を設立したときの手続きより簡単ですが、やることは良く似ています。

社名変更を、第2ステージへの会社設立と考えましょう。
社名変更は、最近、取引のなかったお客様へのアプローチをするいいビジネスチャンスです!




(Yahooニュースより)
売れない新築マンションとは対照的に、中古マンションの売れ行きは好調だ。不動産調査会社の東京カンテイによると、首都圏の今年6~8月の売買件数は前年同期より16.1%増えた。

70平米クラスの新築が4799万円に対して、中古は売り主希望価格が3082万円。近畿圏も中古は同1866万円と新築の半額近くらしい。

これほど価格差があれば、買う側としては悩んでしまいます。中古優位ですね。
しかし、価格だけではなく、中古物件のメリット、デメリットもよく考慮しないとダメですね。

<中古物件を検討する際の判断材料>
・設備も中古である
 最近はやりのオール電化などの物件は、まだまだ中古市場でむずかしいでしょう。
 いろいろと設備を更新するためには、リフォームコストがかかります。
・融資期間が短い
 銀行等にもよりますが、一般的に融資期間が短いです。その分、月返済額に負担がかかります。
 しかし、購入価格が抑えれば、結果的にあまり影響がないケースもあります。
・諸費用が多め
 税制面もありますが、一般的に仲介手数料が中古特有のコストとして必要です。
・税制面も新築優遇
 建築後25年以内であれば住宅ローン減税や不動産取得税、登録免許税など税制面での優遇措  置がありますが、これ以上築年数の経ったものは優遇措置の対象外です。
 固定資産税も新築には優遇がありますが、一定年数経過するとなくなります。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。